レイク利率は限度額によって決まる

レイク利率は公式ホームページ上で明記されています。
4.5%~18.0%、これがレイクの金利です。
どうでしょう、この数字をきけばメリットが無いと感じるのではないでしょうか。
銀行系になったというレイクでもこの金利、消費者金融の金利と大差ないことがわかります。
ただし、一概にそうも言えません。
なにしろ消費者金融の場合にはどの限度額、どの借入残高に対してどの金利が適用されるのかはわかりません。
借り入れ当初は上限となる18.0%が適用されるのだろうということはわかっていますがそれ以降の金利がどんなタイミングで下がっていくのか、残高なのか返済実績なのか、それすらも公開されていないというのが現状です。
またそれが消費者金融のデメリットでもあります。

反面、レイクは新生銀行のカードローンになりますのでその点は明確になっています。
契約限度額によって適用利率が違うということ。
自分が借りたいと考えている金額からどの金利が適用されるのかがはっきりとわかります。
具体的に見てみましょう。

100万円未満 15.0%~18.0%
100万円以上200万円 12.0%~15.0%
200万円超300万円 9.0%~15.0%
300万円超400万円 7.0%
400万円超500万円 4.5%

見てもわかるように限度額が大きくなればなるほどの適用利率が下がっていきます。
総量規制の対象外となるレイクになりますので借り入れの限度額は法に決められるのではなくレイクが決めるもの。
そのため大口の借り入れや借り換えにも適している金利であることがみえてきます。